競輪の結果をまとめるところ

レース番号レース種別 半周ラップ(一周ラップ) 1着決まり手 2着決まり手 3着決まり手 J選手着 H選手着 B選手着 自分が使うときにまとめる。なんの責任もとりません。

【三場目】奈良競輪場

 早朝に名古屋を発ち、関西本線で奈良へと向かう。大中京圏を通るにしては、車窓はわりあいすぐ鄙びたもの変わり、しばらくすると亀山駅での乗り換えとなった。少し時間があるので朝食を買おうと駅前に出たが、ロータリーにはマイクロバスが止まり、なにか由緒があるのだろうが、その奥には鳥居などが見える。朝の通勤通学時間であったから、地方都市の駅前にしてはそこそこに人がいて、バスを待って並んでいる。私ですら知っていた液晶ディスプレイの最先端工場があった街にしては、まるで昭和のころからなにも変わらずここまで来たようだ。

 伊勢から伊賀へ、そして伊賀から大和へと、緑の眩しい山間を進む。目指す奈良競輪場の最寄り駅は、近鉄線の平城駅である。ところが、この関西本線を含むJRと近鉄は、ところによっては線路が並んでいるというに、さっぱり接続駅がない。仕方がないので、事前に地図をなめ回し、郡山からなら10分ほどで乗り換えられるだろうと見当をつけた。駅前から真っ直ぐ伸びた道を行くと、両側には和菓子屋巻き寿司屋から傘屋に至るまで、いかにも何代も続いてきたような商店が続く。なんとなく、弾正忠が平蜘蛛抱えて吹っ飛んだ時分にゃご先祖様はこの辺に、というような風情がある。関西というのは、関東住みの人間からするとフクザツな土地だ。

 6時台に名古屋を出て、平城駅に着いたのは11時ごろ。改札を出て川を渡り、少し歩くと競輪場が見えてくる。なお、奈良競輪場が奈良競馬場の跡地に建てられたという説明がされることがあるが、競馬場のコースは現在の競輪場と川を挟んだ対岸にあった。現在は田畑となっており、こちら側を通って平城駅から競輪場まで至る事もできる。

 さて、駐車場の方から入場門へ回ると、その門の前にトタン屋根の掘っ立て小屋然としたものがある。これは、ホルモンうどんを出す店である。まったく、どういう理由でこんなところで営業しているのか余所者にはさっぱりわからないが、とにかく事前にも「奈良のホルモンうどんはスゴい」との情報を知人より得ていた。ホルモンうどんといえば向日町が美味いというのが須田鷹雄氏以来の定説だが、「スゴい」のはなるほどこちらだろう。30歳前後の男性二人組が先客でおり、またこの店構えのインパクトはちょっと入るのに勇気がいる。なのでいったん前を素通りし、競輪場の中へと入った。従事員のおばちゃんが二人ばかり立ち、おはようございますの声とともに出走表とラッキーナンバーカードをくれる。入場料は無料であった。

 場内は、全体的に作りの古さは否めない。それでも、清掃は行き届いており、落ち着いた雰囲気は悪くない。民間委託場はどこもそうだが、警備員なども心なしかキビキビとしている。ただ、締め切り音楽はご存じヤマトナデシコ七変化マスコットキャラクターの飛天ちゃんとの取り合わせはちとちぐはぐではある。ホーム裏にイスを並べた冷暖房完備のシアター型の投票所があり、暑い日だったこともあり客の大半はこちらにいるようだった。サンサンにしては場内自体は広いのだが、内部の食堂は大半が閉鎖されており、奥の方にはシャッター街となっている場所もある。

 この日はS級シリーズの最終日、飛び込み気味でみた2R、その次のA級特選も外し、いったん外に出てさきほどのホルモンうどん屋に戻る。恐る恐るのぞき込むと、ファンキーな髪型をした、なにやら強面の若い者が座っていた。手前には、細かく刻まれたホルモンを煮詰める大鍋が鎮座している。「ホルモンうどん、お願いします」と頼むと、感じのよい返事が返ってきた。まず、足下のクーラーボックスから、冷凍のうどんを取り出し茹でる。続いて、ペットボトルから薄茶色の液体を小鍋に出すと、これを火にかけ温め始めた。なるほど、出汁が煮詰まらないよう、小分けで調理していくのか。数がそれほど捌けないことがあるのだろうが、そこらの立ち食いそばや公営競技場の食堂で食べるものよりはだいぶ手が掛かっている。

 白いプラスチックの容器に出汁とうどんを盛り、大鍋からホルモンをひとすくい、最後に刻みネギを載せる。一味唐辛子はご自由に。なるほど、美味そうだ。場内に戻り、メインスタンドに腰掛けながらうどんをいただく。ホルモンは関東でアカないしフワと呼ぶ肺臓が中心だが、歯ごたえの小気味よいハツなどもいくらか入っていた。一見しておどろおどろしい見た目だが、味つけはあっさり目で噛みしめるとホルモン特有の臭いが分かる。だが、それが澄んだ関西風の出汁に混ざると、トガったところが取れて美味い。滋養をつけるホルモン食というのは、元来こういうものであったような気もする。

 今回は、さらに西の方へ向かう旅打ちの途中であったから、A級の負け戦が終わった13時前には競輪場を後にした。それで打ち足りなかったこともあるが、あの立地と店構えといい、その手間のかかったところといい、そして味の独自性といい。どこに旅打ちにいこうかと考えるいう時、奈良のホルモンうどんは時にたまらなく食べたくなる。

f:id:glay222:20170924224933j:plain

亀山駅前(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225013j:plain

メインスタンドより(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225040j:plain

審判室が全国で一番低いところにあるのではなかろうか(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225159j:plain

湯茶接待は充実(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225240j:plain

かつては賑わっていただろう放棄された食堂棟(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225327j:plain

場内の各処に飛天ちゃんが配され、正直浮いているがやる気は感じる(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225412j:plain

涼しい藤棚(2016.8.31)

台湾の歓び

台湾の歓び

 

f:id:glay222:20170924225444j:plain

これが奈良競輪場のホルモンうどん(2016.8.31)

f:id:glay222:20170924225519j:plain

ホルモンうどん屋。右側の空間にはビールケースが並べられ、座って食べることができる(2016.8.31)

青森競輪場  みちのく記念 善知鳥杯争奪戦 GⅢ

●初日
1R S級一予 15.8-13.8-11.7-11.7(29.6-23.4=53.0)差 逃 マ 2 2 2
2R S級一予 15.2-12.8-11.7-11.9(28.0-23.6=51.6)差 捲 差 9 9 9
3R S級一予 15.4-13.3-11.5-11.9 (28.7-23.4=52.1)差 差 逃 3 3 3
4R S級一予 18.0-13.1-11.6-11.9(31.1-23.5=54.6)差 逃 追 / 2 2
5R S級一予 17.0-12.8-11.5-11.6(29.8-23.1=52.9)捲 乗 乗 5 5 5
6R S級一予 14.6-12.8-11.7-12.3(27.4-24.0=51.4)追 差 追 6 6 6
7R S級一予 16.6-12.2-11.7-12.0(28.8-23.7=52.5)追 追 差 4 4 4
8R S級一予 16.4-15.3-11.6-11.7(31.7-23.3=55.0)差 捲 流 9 9 9
9R S級一予 16.1-12.2-11.6-11.8(28.3-23.4=51.7)差 追 逃 5 3 3
10R S級初特 17.1-13.2-11.5-11.4(30.3-22.9=53.2)差 差 追 4 4 4
11R S級初特 17.2-12.8-11.4-11.4(30.0-22.8=52.8)先 マ 捲 5 1 1
12R S級初特 15.8-12.6-11.7-11.3(28.4-23.0=51.4)差 先 流 9 2 2

モラトリアム人間の時代 (中公文庫)

モラトリアム人間の時代 (中公文庫)

 

【二場目】大宮競輪場

 千葉競輪場と同じく、大宮競輪場は大きな公園の一角にある。8月半ばのこの日は、朝から降り続いた霧雨が昼前に途切れ、蝉時雨へと移ったあたりを駅から歩いた。近所には宗教団体の本部などもあり、土日にそちらへ迷い込むと独特の善良な空気を醸しながら集会かなにかをやっているのだが、平日の人通りは少ない。同じく、道すがら脇を通る小学校も、夏休みとあっては静かなものだ。うっかりすると通り過ぎてしまいそうな西入場門をくぐり抜け、競輪場の中へと入る。出走表の前に陣取る従事員のおばちゃんらが「今日は雨だから出足が遅いねえ」と呟いたのを聞き流し、すぐ左手の手荷物預け所へ。明後日の方向を向いて呆けているおばちゃんが一人で座する窓口には、小さな水槽が置かれている。カバンを渡し、預け票に名前書こうと目を落としつつ中身を見てみれば、子供の掌ほどのミドリガメが涼しげに空を眺めていた。

 東日本競輪発祥の地である大宮は、スタンドが巨大で敷地も広い。ここも公園であるかのように、4人掛けの木製ベンチテーブルが各処に配されている。どうしても古びてきている面は否めないが、食事も美味いので居心地がよい競輪場である。500バンクというのも、予想は難しいがレース自体は最後の直線が熱く楽しい。チャレンジ戦などは、かえって誘導をいつ切るかの妙味もある。とはいえ、この日はどうにも釣果がよろしくない。1Rの砂賀優徳、後方侭切れる。砂賀への声援、私含めて3名。2Rは船橋出身の新人・内田淳(千葉・111期)から入るも、折り返しを入れず裏を喰って外した。それでも、よくやったの声がひとつ上がる。大宮は実況中継がバンク内に流れないので、ヒラ開催はレース中も静かなものである。

 この日は、熊本の代替開催となる久留米の国際競輪・ガールズS級シリーズを場外発売している。本場での流れが悪いので、次くらいからこちらにも手を出してみるかと、2Rが終わってすぐ液晶画面前の3・40人ばかりの人だかりに混じる。いつもながら、ヒラ開催時は目の前のレースより、場外中継の前に陣取る客の方が多いくらいだな。おっと、緒方剛(埼玉・92期)が遠征しているのか。車券は買っていないが、これで緒方が勝てば、潮目も多少は変わるってもんだ。緒方はジャンで前前から、最終ホーム5番手を確保。捲り脚もある緒方にはいい展開だな、いや逃げているこの下岡(優季、愛知・105期)もよく掛かっている。と、最終3・4コーナーから後続勢が広がり追い込みをかける勝負所、追い抜き際に前後輪が接触したのだろう、インの選手が転倒。なんじゃ、馬鹿たれと声が飛ぶ。緒方含め後続選手が乗り上げひっくり返る。避けられたのは最終コーナーを8・9番手で回っていた二人だけで、これに直線垂れていただろう下岡で車券が決まってしまった。

 さて、場外モニターの前で声を出したところで届きやしないのだが、誰も彼も競輪なんじゃ詐欺じゃ、こんなんだからダメになるんだ、と口々に好き放題なことを言っている。中継では、落車した選手が痛む身体をなんとか起こしゴールを目指しているのだが、「どうせなら、もう一匹落ちてれば返還だ」との声が聞こえた。いつもながら、人間を人間と思っていないこの扱いはどうかと思うが、ゴール目前というところで、あのままでは絶対になかっただろう目になってしまったのだ。今回私に実害はなかったが、命の次に大事なカネを張っている以上、選手には酷だがこれも客の正当な権利であると思われる。そういえば、ついこの間のオールスター競輪も、ずいぶんと落車が多かった。

 簡潔な審判放送ののち、払戻金が確定する。二車単で3,400円、三連単は10,720円。あんな大事故の末の目にしては、なんとも平凡な配当である。案の定、なんだい、糞が、つまらんの合唱。これは、もう理屈ではない。

 ざわついた人だかりも、一通り感情を出し切ったのか次第にほぐれていき、私もモニターの前を離れた。冷暖房完備の2号スタンド入り口の売店では、サツマイモだのゆで卵だのが並べられている。見ているだけでも楽しいものだが、その中で丸のままのトマトが1個ずつ、発泡スチロールの皿の上に載っていた。100円玉に10円玉数枚を差し出すと、おばちゃんが愛想もそこそこに、果物ナイフでスパスパと切り分けてくれた。

 スタンドの外に出て、ベンチに座って竹串でトマトを食べる。空模様は既に青空へと変わり、気温は上昇を始めている。果肉の酸味で頭を冷やし、揺れる木陰を見るのはじつに心地よく、どこかで少しほっとした。

f:id:glay222:20170904001956j:plain

(2017.8.17)

f:id:glay222:20170904001954j:plain

競輪場のラーメンとしては出色、550円(2017.8.17)

f:id:glay222:20170904001953j:plain

天麩羅付きおにぎりが有名も、焼きおにぎりも悪くない(2017.8.17)。

f:id:glay222:20170904001955j:plain

(2017.8.17)

職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々

職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々

 

 

大宮競輪場 第16回アサヒビール杯争奪戦 FⅡ

●初日
1R A級チ予 18.9-15.4-15.9(18.9-31.3=50.2) 追 差 乗 / 6 6
2R A級チ予 19.7-16.1-15.0(19.7-31.1=50.8) 捲 差 乗 / 7 7
3R A級チ予 19.7-14.9-15.7(19.7-30.6=50.3) 差 先 流 / 2 2
4R A級チ予 23.1-15.3-15.4(23.1-30.7=53.8) 差 先 捲 / 4 2
5R A級チ予 16.4-16.0-15.7(16.4-31.7=48.1) 差 捲 先 7 3 2
6R A級予選 20.2-15.5-15.0(20.2-30.5=50.7) 捲 逃 追 / 2 2
7R A級予選 18.6-15.2-15.1(18.6-30.3=48.9) 差 追 追 / 9 4
8R A級予選 19.1-15.7-15.0(19.1-30.7=49.8) 差 追 差 / 5 5
9R A級予選 18.1-14.8-15.3(18.1-30.1=48.2) 捲 追 追 9 8 1
10R A級予選 17.7-14.8-15.3(17.7-30.1=47.8) 差 追 差 / 6 6

酒場でのこと(1)~百花繚乱(本八幡)

 琥珀色などとさも美しく形容しては、その酒の素晴らしさは伝わらない。グラスの7分目まで注がれたそれに、炭酸の小瓶をめいいっぱい注ぐ。口をつけると、まずは甲類焼酎のおもいっきり安いやつ、あの苦みが一瞬だけ鼻を突くが、黄色の素に配合された、別種の苦みがそれを上書きしてくれる。浮かべられたレモンスライスが爽やかな後味を生み、口腔内の脂を洗い流す。これこそ、船橋の酒飲みにとっての超メジャー、船橋加賀屋本店が誇った特製ハイボールである。

 私はこのハイボールが好きだった。なんといっても、1杯240円だ。どう考えてもまともな焼酎など使っておらず、それが滅法濃いものだから恐ろしく響く酔い方をする。だが、この店の美味いモツ焼きや煮込みにはこの味でなくてはならない。友人知人と船橋で飲もうというときには、私はいつも加賀屋へ向かった。最初の1杯目はラガーの中瓶、スタミナ焼きと煮込みにコーンバターなど定番のつまみを並べたあと、「ボール」を頼む。そして、それはなんだと聞く彼らに、船橋ではこいつが最高なんだと誇ってみせたものだった。

 ところが、そんな加賀屋のハイボールが変わってしまうという話が出た。あれよという間に、店内にも「炭酸付きハイボール」終了のお知らせが貼られる。それまでは野中食品工業「DRINK Nippon」ブランドの炭酸で客が各自割っていたものを、店側で予め調製して出すことにしたという。それはかまわないのだが、その際焼酎と黄色の素の割合を大幅に減らし、ごく薄めで提供されるようになり味わいがまったく変わってしまった。飲みやすさはこちらの方が上であるし、焼酎も改善されたのか悪酔いすることもない。目潰しハイボールの悪名は返上だ。だが、あの強烈なパンチと魅力が失われてしまったことは、あまりに残念なことだった。

 それから暫くして、本八幡にあのハイボールを飲ませる店が出来たという。その店の店主は船橋加賀屋で働いていた方で、店名は百花繚乱というらしい。駅近くの、巨大な日高屋が1階にあるビルの地下、広々とした店内で、私は数ヶ月ぶりに「繚乱ハイボール」と名を変えたあの酒をいただいた。刺身も旨く、ラムを串焼きにしたようなのも気に入った――このハイボールは、癖のある脂によく合う――。それからはなるべく通うようにしたが、元はゲームセンターだったという店内はいつも空いていた。船橋時代の客は細々と流れてはいたようだが、太い潮流にはほど遠い。「安くてしっかり酔える店」という看板に偽りはなかったのだが、本八幡は北口が飲み食いのメインストリートで、南側はそれほどでもないこともあったのかもしれない。

 6月、久々に百花繚乱に顔を出した。テーブル席は3つ4つ埋まっていたが、盛況とはとうてい……。カウンター席には、私のほかに先客が1人いた。船橋加賀屋の客だったらしく、なにやら店主と話している。「船橋はね、つまらなくなっちゃったよ。こっちの方が落ち着くね」店主は答えた。「でも、皆さんなんだかんだで気になって行っているんじゃないですか」インターネット上のクチコミサイトに、百花繚乱の閉店情報が更新されたことに気付いたのは、それから1週間ほど経ってからのこと。記載された閉店の日付は、私が最後に行ったあの日の翌日だった。

 元の従業員が、古巣の商品をそのまま持ち込んで向こうで商売を張ろうというのだから、なにか確執のようなものがあっただろうことは想像に難くない。とはいえ、あの強烈に酔えるハイボールより軽い酒が時代の主流なのは仕方がないことであり、理屈の上では私も理解できる話である。変わらない価値を愛する者、変えていくことを求める者、それぞれの立場があるだろうが、店主の言葉はなにを思ってのものだったのか。

 ともあれ、あれだけ愛されたハイボールを、飲ませようという人はもういなくなってしまった。あれを飲みたいという者も、これからは減っていくだけである。

f:id:glay222:20170815000816j:plain

船橋加賀屋本店にて、特製ハイボール(2016.10.28)

f:id:glay222:20170815000948j:plain

f:id:glay222:20170815000927j:plain

野中食品工業は小岩の会社。瓶は返却する。(2016.10.28)

プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)

プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)

 

f:id:glay222:20170815001200j:plain

繚乱ハイボール(2017.6.14)

f:id:glay222:20170815001250j:plain

百花繚乱のメニューは、船橋加賀屋と共通のものが多かった。このスタミナ焼きもそのひとつだが、味わいはこちらはよりニンニクが強め。(2017.6.14)

f:id:glay222:20170815001357j:plain

アジの刺身。たしか500円だったはず。(2017.2.9)

大転落 (岩波文庫)

大転落 (岩波文庫)

 

f:id:glay222:20170815001457j:plain

f:id:glay222:20170815001514j:plain

閉店後に撮影。(2017.7.6)

 

いわき平競輪場 オールスター競輪 GⅠ

●初日
1R S級一予 14.3-11.8-11.5-12.0(26.1-23.5=49.6) 追 追 追 5 9 4
2R S級一予 15.5-11.6-11.4-12.0(27.1-23.4=50.5) 追 追 差 9 9 7
3R S級一予 15.7-11.6-11.4-11.9(27.3-23.3=50.6) 差 差 追 4 5 5
4R S級一予 15.4-11.7-12.0-11.9(27.1-23.9=51.0) 捲 捲 乗 8 8 8
5R S級一予 15.5-12.7-11.6-12.0(28.2-23.6=51.8) 追 追 逃 3 3 3
6R S級一予 16.1-12.0-11.5-12.2(28.1-23.7=51.8) 追 乗 差 1 6 6
7R S級一予 15.2-11.9-10.9-11.4(27.1-22.3=49.4) 先 差 先 3 3 1
8R S級一予 13.3-12.1-12.3-11.7(25.4-24.0=49.4) 差 捲 乗 9 9 2
9R S級一予 16.0-13.4-11.0-12.0(29.4-23.0=52.4) 捲 差 追 / 7 5
10R S級一予 13.6-11.9-11.7-11.6(25.5-23.3=48.8) 捲 追 捲 9 9 1
11R S級ドリ 15.3-12.1-11.8-11.3(27.4-23.1=50.5) 捲 乗 差 7 7 7

千葉競輪場 オッズパーク杯 FⅡ

●初日
1R A級チ予 20.4-17.0-15.5(20.4-32.5=52.9) 差 追 逃 / 3 3
2R A級チ予 20.2-15.8-15.0(20.2-30.8=51.0) 先 先 追 / 1 1
3R A級チ予 19.7-15.3-15.1(19.7-30.4=50.1) 先 捲 マ 7 7 2
4R A級チ予 20.8-15.7-15.0(20.8-30.7=51.5) 先 マ 先 3 3 1
5R A級チ予 19.6-14.6-14.9(19.6-29.5=49.1) 先 先 流 / 2 1
6R L級予1 21.8-16.1-15.9(21.8-32.0=53.8) 差 先 流 / 1 2
7R L級予1 22.8-17.0-15.4(22.8-32.4=55.2) 捲 乗 乗 / 5 1
8R A級予選 18.2-14.0-14.7(18.2-28.7=46.9) 先 マ 差 / 4 1
9R A級予選 19.9-14.6-15.1(19.9-29.7=49.6) 追 差 先 / 7 2
10R A級予選 17.6-14.7-14.7(17.6-29.4=47.0) 差 捲 流 4 8 2
11R A級予選 18.1-15.2-14.3(18.1-29.5=47.6) 捲 追 乗 / 6 5
12R A級初特 17.7-14.4-15.1(17.7-29.5=47.2) 逃 マ 追 / 1 1